季節で肌の状態は変化する!春夏秋冬のスキンケア&メイクについて、ぜひ知っておいてほしい!!

立夏の後、どんな肌のタイプても、「夏の威力」を感じるようになった、私たちの肌は様々な問題が出てあり、皮脂の分泌が大きく変なり、くすんだ肌、さらに黒ずみやにきびなとの状況が差し迫っての問題になった!!季節の変わり目はスキンケアと密接な関係があり、季節ごとにスキンケアの重点的に、それぞれが違うんですよ〜季節に応じて効果の異なるスキンケア製品を選ぶことは、四季を通じて肌をベストコンディションに保ち、キレイなベースメイクを仕上げるには欠かせないアイテムです。ではまず、春夏と秋冬の肌への影響はどのようなものなのでしょうか。

春から夏にかけては、気温の変化や寒暖差によって雑菌が繁殖しやすくなり、紫外線も徐々に増えてくるため、肌が敏感になり、アレルギーが起きやすく、肌から水分が失われる状態が加速しやすい。特に立夏以降は、肌がワサワサしてくすみ、皮脂がふえますが透明ツヤき肌ではない。実はこれ、古い角質と皮脂の分泌量が多くに達していることが原因なんです。

秋から冬にかけては、昼夜の温度差が徐々に大きくなり、夏よりも空気が乾燥します。紫外線は弱まり始めますが、乾燥が進むため、肌の代謝も弱まり、皮脂分泌が減り、春夏の紫外線が蓄積のシミが増えた後に同時に肌がカサカサして、皮が剥けくなり、吹き出物も増えやすくなるのです。

これらの問題を解決するためには、スキンケアの効果を正しく選択する必要があります。次に春夏と秋冬の正しいスキンケアの流れからご紹介♪スキンケアをしながら自分のタイプに合った製品を使用することが必要。盲目的な選択は、肌をよくしないばかりか、角層は薄くなり、バリア機能も傷付くなってある。

皮膚科医は、夏には自分の肌タイプに合ったクレンジングを選び、効果的に汚れを落とすために、1日2回、1回60秒のクレンジングをすることを勧めています。

洗顔後に乾燥やつっぱり感などのちょっとした違和感がある場合は、セラミドやヒアルロン酸、グリセリンなどの保湿成分を使うと、肌のバリア機能をしっかり維持することができます。それに対応して、強すぎる洗浄感は製品と肌質のミスマッチであり、その後の改善策よりも切り替えるほうがタイムリーで効果的である

ミスト化粧水は、pH値バランスを整えるだけでなく、肌の奥へグングン浸透するの役割を担っています。暖かい春から夏にかけにはさっぱりしたミスト化粧水を選び、乾燥して寒い秋から冬にかけには栄養を与えるうるおいミスト化粧水を選ぶのがおすすめ。

ローションは「スキンケアの導入」のようなもの。ドライ肌でもオイリー肌でも、保湿高い効果は季節を問わず大事だと思います。肌にしっとり環境を整えることで、その後に使うスキンケアアイテムの導入を整えます。春から夏にかけては皮脂の分泌が多くため、秋から冬にかけては化粧水の量を少し減らしても大丈夫。

美容液は速く浸透して、肌に必要な栄養を集中的に補給することができます。美容液は、プロポーションケア成分を高濃度に配合し、悩みのある肌状態に的確にアプローチして修復力を高めるので、紫外線の多い春夏は、美白効果に着目した美容液を選ぶとよいでしょう。秋冬には、保湿と整肌成分効果のある製品が必要とされることが多くなります。

目の下の皮膚はとても薄いので、アイクリームは一年中欠かせません。 日差しが強くなる春夏は、水分が失われやすいので、アイケアは整肌成分を重視し、さっぱりしたクリームやジェル状のアイクリームをおすすめしています。 日差しが弱く乾燥しやすい秋冬は、アイケアは修復と保湿力を重視するため、栄養成分高いのアイケア製品がおすすめです。

乳液は肌を柔らかくし、美肌効果を高める美肌効果を高めるので、使う習慣をつけましょう。空気が湿って気温が高くなる春や夏には、さらさらとしたテクスチャーの乳液を選ぶとよいでしょう。乾燥や寒さで皮脂の分泌が少なくなる秋冬は、水分を閉じ込めるうるおい乳液を選ぶとよいでしょう。

秋冬は、乾燥しやすい人たちは高保湿クリームを使う必要があるが、純粋な保湿クリームは若い肌に適しており、年齢を重ねる場合は、もう少し機能的なクリームが必要かもしれない。保湿力の高いクリームを頻繁に使うと、白ニキビができやすくなるので、春や夏はクリームの頻度を減らすとよいでしょう

パックの機能は、水分の蒸発を防ぎ、蒸発速度を抑え、肌の下層への美容液の浸透を早め、肌の一番外側で水分量が肌の健康状態に影響する角質層の水分量を高めることです。春夏には、美白効果のあるパックを使用することで、肌にダブルの美白導入効果を与え、美白効果を強化することも紫外線で日焼けした肌に落ち着きのあるリペアを与えることも実現できます。 秋冬は、肌の水分を閉じ込めるための水分補給がメインとなるので、保湿成分が配合されたマスクを選ぶと効果的です。

スキンケアの最後には、フェイスオイルを使用することです。 フェイスオイルは、肌を覆い、栄養を与えるオイルです。 外部刺激から肌を守る効果があり、肌の表面に薄い油膜を形成して、何もつけない状態よりも外部刺激を受けにくくします。秋冬にフェイスオイルを使うのは、肌の栄養に鍵をかけるようなもの。 一方、春夏のフェイスオイルは、ニキビや黒ずみなどの原因となるため、春夏のスキンケアは、最終的にクリームにすればよい♡

ご注意するのは、しっかりとしたクレンジングの上に、ビタミンCや植物由来の抗酸化物質を含む成分を日中使用することで、肌荒れを鎮静してくれ、肌が明るくなってくる。肌がキレイなるだけでなく、ちょっとしたことで様々な問題を起こしにくい、ハリのある肌へと導きます。

スキンケアをしっかり行った後、実はベースメイクやメイクアップは季節によって変える必要があるんです。自分に合ったファンデーションを選ばないと、スキンケアをちゃんとしていても、ベースメイクが洗練されないんですよね☆

春夏のベースメイクは、肌の透明感を強調し、セミマットな仕上がりでテカリを抑える効果をより高めます。肌色を明るく見せたり、まるで第二の皮膚のように自然でダイナミックなファンデーションを実現しました。春夏のファンデーションは、軽いふわっとした仕上がりものを選びましょう。

秋冬の肌はすでに乾燥しており、さらに環境的に、ファンデーションを塗るときに肌がヨレたり、粉浮きしていた。そのため、ファンデーションは、うるおいを与え、ニキビを起こしにくい、カバー力ある同時に毛穴も隠す、厚さを感じさせない肌なじみのよさなどを重視して選ぶことが重要です。

最後に、春夏秋冬でメイクアップの選び方が異なります。春夏はピンクやオレンジ系の明るい色で元気さや活気を、秋冬は赤茶系のリッチなアースカラーを選んで優しさや成熟さを強調するとよいでしょう。

現在、肌が問題なく良い状態だと思っていても、季節や環境によって肌の状態はいつでも変化します。その場合、肌の効果に合わせたスキンケア製品の選び方も変わってきたので、 季節がもたらすスキンケアのシフトに、今から注目してみてください。 春夏秋冬を問わず、キレイな肌を手に入れましょう!!