今こそ!足マッサージ&ケアで冬の悩みを解消しよう!!原因と対処法ご紹介

足は昔から「第二の心臓」といわれています。人体の構造上、足は心臓から最も遠い場所であるため、血液の折り返し地点でもあり、常に血液循環の悪い場所だといえます。熱供給が不足しがちで、冬になると寒さが相まって、体のバランスが崩れやすく、足は皮膚が薄くて、防寒能力は他の部位より少し弱くて、冷え性になりやすいと言われています。 また、皮膚表面の温度が低い状態が長く続いた結果、女性の場合は月経不順や生理痛などのトラブルを引き起こすことがあります。時には、腹痛や胃痛、さらには呼吸器疾患などを引き起こすこともあります。

では、冬場にはどんな足のトラブルが起こりやすいのでしょうか?また、足のトラブル予防とケアにはどうすればいいのか?

● 足をくじきやすい

特に冬場は寒さのせいで筋肉が硬くなり、激しい運動をするとくじきやすくなります。また、冬に雪が降って道路が滑りやすくなると、足を挫く確率がぐんと上がります。通常に、足を捻った後に、よくマッサージすることて、3~4日に腫れを抑え、あるいは解消されますが、数日経っても腫れが抑えないば、あるいは腫れ上がった場合は、靭帯が損傷や骨折の可能性もありますので、その時は速やかに病院を受診してください。

冬の運動やフィットネスの前に、効果的に足の捻挫の発生を防ぐことができるタイトな筋肉をリラックス、離れて足首を移動し、ウォームアップは十分にすることがオススメ。また、自分足のサイズにちょうど合わせた靴を選択するにも足の捻挫の発生を防ぐことができます。

● 足の指の「腫れ」と「痛み」

気温の低い寒い冬は、痛風発作を繰り返しやすい時期です。 冬は夏に比べて水分量、排泄された尿の量、発汗量が少ないため、体内からの尿酸排泄が少なくなり、一時的に体内に溜め込まれやすくなります。寒くなると食欲が旺盛になり、魚介類や肉類、揚げ物などプリン体含量の多い食品の摂取量がぐんと増える方が多い。

● かかとのひび割れと乾燥

冬場は常に湿度の低さからくるかかとの角質層が乾燥し、ひび割れや皮むけが起こり、ひどいときには歩くのも痛いし、血がに滲むこともあります。

● 足の凍傷

冬は靴をきつくすればするほど暖かいと思われがちですが、実はきつすぎる靴を長時間に履くと足の血行不良になりやすく、足がどんどん冷たく感じ、特に室外にいる時間が長くなると、足に凍傷が加速するため特に危険です。

冬に起こりがちな足のトラブルが了解すれば、足に悩んだ 状況をさっそく予防と改善するだけです。次に、自宅でも簡単にできるフットマッサージをいくつかご紹介します❤︎

【3つのツボを刺激して、足のゴリゴリ感が軽減】

● 湧泉(ゆうせん):疲労感、冷え、疲れ、むくみなどを解消する。足裏を縮こませたとき、一番凹んでいるところが湧泉穴です。特に疲労回復や体元気を取り戻したい時におすすめ。

● 太渓(たいけい):温める力、陽が不足し冷えやすい状態とむくみを解消します。内くるぶしとアキレス腱の間にあるツボです。加齢に伴う疲労、足腰の衰え、難聴、耳鳴り、物忘れ、排尿障害などの予防に役立ちます。また、太渓というツボは、これらの悩みを解消するのに最も効果的なツボとされています。また、足の冷えの改善にも効果的です。

● 丘墟(きゅうきょ):頭、肩こり、首の痛みなどを解消します。このほか、足首の痛み、腰の痛み、坐骨神経痛、股関節、膝、胸の痛み、胃の痛みなどの緩和にも期待できます。

【デトックス効果を高めるの足のカッサマッサージ】

足の裏は、いわゆるツボとは異なる内臓の対応部位であり、「反射区」と呼ばれています。例えば、足のかかとの位置はたまたま子宮の反射区になっているのです。血液の流れをスムーズで、体が健康であれば、足のトラブルは起きないはずです。 しかし、体のどこかの部分の血液の流れが滞ると、それに対応する足の裏の反射区に影響を及ぼし、痛みを感じたり、筋肉が硬く感じたりします。そのため、足の裏や踝のマッサージには、かっさプレートが便利です。カッサマッサージは、足のむくみを解消して血行を良くするだけでなく、ホルモンバランスを整えてくれます。

【足の甲とくるぶしのローラーマッサージ】

足の裏以外にも、実は足の甲やくるぶしには、体に良いツボがたくさんありますよ。神経系と内分泌系は体内の主要な調節構造であり、神経節は体のあらゆる部位に存在し、身体活動を制御と調節する重要な役割を担っています。特に、足の甲やくるぶしを冬にマッサージすることで、女性ホルモンのバランスを整え、睡眠の質を高めます。

【手作りフットパック、「保湿効果」&「美白効果」】

フットパックに含まれる保湿と美白有効成分により、ガンコな硬い角質をやわらかくして、美容液に含まれる成分は肌内部の角層に浸透させ、細胞の新陳代謝を促進することで、明るく柔らかい足のフレッシュな肌へと導きます。特に寒い季節にフットパックを使用すると、乾燥による足のカサカサ、肌荒れ、紫外線によって作られるメラニンがくすみなどを改善することができます。

自宅で気楽に手作りフットパックを作ることができるんです。小皿で適量なボディローションを押し出して、そして100%ビタミンCパウダーを小さじ2杯取り入れます。よく混ぜてから、足の全体に塗布します。次に、足をラップフィルムやビニール袋で包む、空気があまり入らないようにしてください。個人差はありますが、約10~15分ほどお待ちます。フットパックを外した後は、水で洗い流す必要はなく、手で足に残った内容物をやさしくマッサージして吸収させます。

いかがでしょうか?寒冷な環境にさらされることによって私たちの足は色々なトラブルが出るので、毎日に足マッサージをして筋肉をほぐすことで、血行が良くなり、冷えの予防や不要な老廃物の排出を早めることができるので、冬の私たちには欠かせないケア法となっているのですよ☆